忍び寄る痛風には食事で太刀打ち【プリン体の過剰摂取を防ぐコツ】

食事風景

女性の美容と健康に効果大

サプリ

大豆のパワー

女性の多くが40代半ば頃から更年期に突入します。閉経を挟んだ10年にも及ぶ更年期は、心身が大きく変動しやすい時期です。ホットフラッシュと呼ばれるほてりやのぼせ、急な発汗、頭痛や腰痛、イライラや鬱等の不定愁訴といった症状は更年期障害と呼ばれ、日常生活に支障が起きる場合もあることから多くの女性の悩みの種となっています。更年期障害は、閉経に伴い女性ホルモンの一種の「エストロゲン」の分泌が減少することで自律神経の調整がうまくいかなくなるために起こるとされます。そこで症状の予防や改善として、エストロゲンを外から補充することが効果的とされているのです。この治療は、ホルモン補充療法として病院で行われています。ただし、ホルモン補充療法は乳ガンのリスクがわずかながら上昇する可能性があり、また既往症があったり体質によっては適さない場合があるのです。こうしたことから、手軽で安全性が高いとされるサプリメントによる改善が人気を集めています。中でも大豆から抽出された大豆イソフラボンは、エストロゲンと似た作用があることから、更年期障害の改善に非常に効果が期待できるとされているのです。

効果の決め手は腸内細菌

大豆イソフラボンのサプリメントが、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用があることは実証されていますが、ただしこのサプリメントを飲んでいる女性の誰もが効果を実感できたというわけではないとされます。長年、なぜ人によって効果の有無に違いがあるのかという疑問が発せられていましたが、ここ最近の研究によりようやくこの作用の源が「エクオール」という成分であることがわかったのです。エクオールは、大豆イソフラボンが腸内細菌と結びつくことで誕生する成分です。しかし、エクオールは誰もが作り出せる成分ではなく、日本女性ではおよそ5割の人が可能とされ、残りの5割は不可能なのです。つまり、5割もの女性が大豆イソフラボンのサプリメントでは効果を実感できないということになります。こうした研究結果により、現在ではエクオールをサプリメント化した商品が販売され、次第に知られるようになってきたことから、多くの女性が注目しだしています。

Copyright© 2016 忍び寄る痛風には食事で太刀打ち【プリン体の過剰摂取を防ぐコツ】 All Rights Reserved.