忍び寄る痛風には食事で太刀打ち【プリン体の過剰摂取を防ぐコツ】

食事風景

健康効果を得るために

栄養補助食品

食の欧米化で不足気味

健康効果が高いと注目を集めているのが、DHAとEPAです。青魚に多く含まれているDHAとEPAは、昔から日本人の健康を守ってきました。しかし、現代の日本では食の欧米化が進んでいます。2006年には肉類の摂取量が魚介類の摂取量を上回っており、DHAとEPAは現代の日本人に不足しています。そのため、サプリメントでDHAとEPAを摂ることが強く推奨されています。サプリメントで毎日きちんとDHAとEPAを摂り、いつまでも健康を維持したいものです。サプリメントを選ぶ際には、価格と配合量、酸化防止処理の3点を比較するようにしましょう。いずれもDHAとEPAが配合されたサプリメント選びで重要な点であるため、必ず比較することをおすすめします。

きちんと確認しましょう

DHAとEPAのサプリメントは、毎日飲み続けることが重要です。そのため、価格は非常に重要なポイントです。経済的な負担が重ければ、飲み続けることが難しくなります。飲み続けやすい価格のサプリメントをまずは選択肢に上げるようにしましょう。また、配合量も必ず比較したいポイントです。配合量が少なすぎては、効果を得ることができません。しかし、配合量が多すぎても、下痢や吐き気などの副作用が出る場合があります。食事で摂るDHAとEPAの量を考慮しながら、自分に合った配合量のサプリメントを選びましょう。その他、酸化防止がきちんとされているかも比較しなければなりません。DHAとEPAは酸化しやすい性質であるため、酸化防止処理が必要不可欠です。販売メーカーによって酸化防止処理は異なっているため、処理に使用されている成分や方法などを比較することが重要です。

Copyright© 2016 忍び寄る痛風には食事で太刀打ち【プリン体の過剰摂取を防ぐコツ】 All Rights Reserved.