忍び寄る痛風には食事で太刀打ち【プリン体の過剰摂取を防ぐコツ】

食事風景

効果のある栄養成分を知る

女性

重要な栄養成分とは

現代社会ではパソコンやスマートホンの普及により、目を酷使する時間が長くなりました。その結果、慢性的な眼精疲労に悩む人が増加しております。眼精疲労を放置しておきますと、緑内障や白内障などを引き起こす可能性があります。眼精疲労を緩和させたりあらかじめ予防しておく為には、目に良い成分が含まれている健康食品を使うのがとても便利です。中でも最も注目されている成分は、ルテインです。ルテインは目の機能を維持するとともに、抗酸化作用によって目の老化を防止します。さらに青色光を吸収してくれるので、パソコンやスマートホンから目を守る働きもあります。また最近の研究成果としまして、ルテインは白内障の予防にも効果がある事が分かってきました。今後もルテインは注目の的となっております。

普段の食事でも対応できる

眼精疲労を解消させたり予防する為には、普段の食事でも対応する事が出来ます。ここでは、効果のある成分と食べ物について紹介します。まず最初にお勧めしたい栄養成分は、ビタミンAです。ビタミンAは緑黄色野菜やレバーに多く含まれております。ビタミンBも効果があります。豚肉や玄米、アーモンドなどに含まれております。青魚に含まれているDHAも眼精疲労に効果があります。DHA自体は体にとって重要な栄養成分でもありますので、適度に取っておきたいものです。アスタキサンチンはあまり聞き慣れない成分ですが、効果があるので取っておきたいです。この成分はえびや鮭、イクラに含まれております。最後に、ブルーベリーに含まれているルテインとアントシアニンです。ブルーベリーは眼精疲労に効く代表的な食べ物です。これらの食べ物をバランス良く食べる事が重要です。

Copyright© 2016 忍び寄る痛風には食事で太刀打ち【プリン体の過剰摂取を防ぐコツ】 All Rights Reserved.